解雇予告手当最新の記事

解雇予告手当とは

労働基準法第20条には、使用者は、労働者を解雇する場合には、原則として少なくとも30日前に解雇の予告をするか、30日分以上の平均賃金(これを解雇予告手当といいます)を支払わなければならないと規定されています。また、解雇予告手当の支払いは、解雇通告と同時にしなければなりません。

たとえば、3月31日をもって解雇をする場合に、3月12日に解雇予告をした場合、起算日は3月13日となります。したがって、解雇日までの日数は19日となり、解雇予告手当の額は平均賃金の11日分となります。

 

 キャッシュフローゲームのやり方  知識を高めるキャッシュフローゲーム

解雇予告手当について

解雇の際は、会社はその労働者に対して、30日前までに解雇予告をしなければなりませんが、30日に満たない場合は解雇予告手当てを支払わなければいけません。
カテゴリー
更新履歴
解雇予告手当とは(2009年11月15日)
解雇予告手当が支払われない場合は(2009年11月15日)
解雇予告手当に対する税金(2009年11月15日)